Corporate Social Responsiblity


 


社会的責任

当社の使命は、人々が愛する我が家を守れるよう支援することであり、この使命の対象となるのは、当社の従業員およびサプライヤーです。当社のコード・オブ・コンタクト(Code of Conduct行為規則)は、国連のグローバル・コンパクトと国際労働機関の主要な協定を基にして作られた、人権尊重に対する私たちの敬意です。人権という言葉を使って意図するところは、全ての人々が如何なる差別もなく、尊厳をもって、同等に扱われることです。


当社のサプライヤーが確実にコード・オブ・コンタクトに従って生活できるよう、カーペット・ヴィスタ(CarpetVista)は、責任あるサプライチェーンのための欧州の取り組み、Amfori BSCI(Business Social Compliance Initiativeビジネス・ ソーシャル・コンプライアンス・イニシアティブ)の一員です。BSCIによって、カーペット・ヴィスタ(CarpetVista)またその他のメンバーのサプライチェーンの労働条件は恒常的に監査され、改善されています。

CarpetVistaは、amfori BSCI行動規範が定める以下の労働基準を尊重することに同意します。

amfori BSCI原則

結社の自由と団体交渉の権利

結社の自由と団体交渉の権利

CarpetVistaは、弊社の提携企業に対し、労働者が労働組合またはその他の労働者の団体を結成し、団体交渉を行う権利を尊重することを要求します。

倫理的なビジネス行動

倫理的なビジネス行動

CarpetVistaは、いかなる腐敗、恐喝、横領、収賄も容認しません。

公正な報酬の支払い

公正な報酬の支払い

CarpetVistaは、弊社の提携企業に対し、労働者が公正な報酬を受け取る権利を尊重することを要求します。

差別の禁止

差別の禁止

CarpetVistaは、弊社の提携企業に対し、公平な機会を提供し、他の労働者と差別しないことを要求します。

適正な労働時間

適正な労働時間

CarpetVistaは、弊社の提携企業に対し、労働時間に関する法規制の遵守を要求します。

職業上の健康と安全性の確保

職業上の健康と安全性の確保

CarpetVistaは、弊社の提携企業に対し、リスクを評価し、その解消および低減のために必要なすべての措置を講じることで、健康で安全な労働環境を確保することを要求します。

児童労働の禁止

児童労働の禁止

CarpetVistaは、弊社の提携企業に対し、いかなる環境においても、法定最低年齢未満の労働者を雇用しないことを要求します。

若年労働者に対する特別保護

若年労働者に対する特別保護

CarpetVistaは、弊社の提携企業に対し、すべての若い労働者に対し特別な保護を提供することを要求します。

不明瞭な雇用契約の禁止

不明瞭な雇用契約の禁止

CarpetVistaは、弊社の提携企業に対し、法律に準拠し文書化された契約書に基づき労働者を雇用することを要求します。

強制労働の禁止

強制労働の禁止

CarpetVistaは、弊社の提携企業に対し、あらゆる形式の強制労働、人身売買、または非自発的な労働に携わらないことを要求します。

環境保護

環境保護

CarpetVistaは、環境破壊を防ぐため必要な措置を講じます。

amfori BSCIアプローチ

規範の遵守

規範の遵守

CarpetVistaは、法律および amfori BSCI規範に基づき、労働者の権利を保護することが義務付けられています。

サプラインチェーンマネジメントおよびカスケード効果

サプラインチェーンマネジメントおよびカスケード効果

CarpetVistaは、amfori BSCI原則を他の提携企業に影響を与えるために使用しています。

労働者の参加と保護

労働者の参加と保護

CarpetVistaは、労働者に対しその権利と責任について常に知らせます。

苦情処理メカニズム

苦情処理メカニズム

CarpetVistaは、社員の苦情と提案を収集するシステムを提供します。

コード・オブ・コンタクト

カーペット・ヴィスタ(CarpetVista)は、当社が販売する製品が満足できる労働条件の下で製造されていることが、非常に大事な問題であると考えます。当社は、如何なる工場も所有または稼働していません。当社が販売する製品は、主に中東及び、アジアのサプライヤーから買い入れています。サプライヤーには当社のコード・オブ・コンタクトに従うよう強く促しており、これらの地域では概して持続可能性に対するリスクが高いため(特に、賃金が安い国の多くで)、持続可能で倫理的購入を行っていることが当社にとって重要であり、優先的事項となっています。

カーペット・ヴィスタ(CarpetVista)の主要な株主であるリトリナ(Litorina (www.litorina.se))は、40以上の企業に投資する国際的投資会社です。リトリナ(Litorina)は、社会・環境問題に対する責任感を持ち、持続可能な開発に貢献することが大事であると考え、全てのサプライヤーにこれらの意識を強く求めています。

カーペット・ヴィスタ(CarpetVista)は、数百の企業と共に共通のコード・オブ・コンタクトを進める欧州の推進者であるAmfori BSCI(Business Social Compliance Initiativeビジネス・ ソーシャル・コンプライアンス・イニシアティブ)の一員です。主要な任務は、持続可能で倫理的なサプライチェーンの構築過程で、ネットワークを支援することです。

BSCIの一員として、当社はBSCIコード・オブ・コンタクトを承認しています。

BSCIメンバー全員が協力して、サプライヤーにBSCIコード・オブ・コンタクトを遵守するように要求し、労働条件の改善を訴えています。

お客様がBSCIのロゴのついたカーペットを見ることはないでしょう。しかしながら、BSCI規格に従い活動する企業は全て、同ネットワークの公約を守ることを誓約しています。

環境問題に関して

BSCIは、労働条件を主な課題としていますが、コード・オブ・コンタクトには、水・空気・化学製品についての規約も含まれています。当社のサプライヤーは、活動が環境に及ぼす影響を査定し、環境に対する責任を考慮し、有効な方針と方法を打ち立てなくてはなりません。当社のサプライヤーは、コミュニティー、自然資源、環境全体に対する悪影響を予防し、影響を最小限にとどめる方法を実施することを検討しなければなりません。"

労働条件

BSCIコード・オブ・コンタクトは国際労働機関ILOの協定と国連のグローバル・コンパクトに準拠しています。安全と健康に関する権利や規則に関する情報を労働者に与えるために、コード・オブ・コンタクトは彼らの仕事場に配布しなければなりません。

当社のコード・オブ・コンタクトには、児童労働を使ってビジネスを行わないとの誓約が含まれます。経済発展の中で、全ての子供は守られなければなりません。子供たちは、彼らの身体的、精神的、道徳的、社会的成長が妨げられる状況に置かれてはなりません。若年労働者(法律による最低労働年齢以上)を雇用する場合、彼らの健康や成長を妨げるような仕事をさせないよう、労働時間が彼らの就学時間を損なわないようにし、当局によって行われる職能指導に参加し、彼らが訓練・教育プログラムの恩恵を受けられるようにビジネスパートナーに確約させます。

当社は、もはや債務労働者を認めません。全ての者が公正で明確な契約を結ぶ権利があり、心理的・肉体的な強制、権利の乱用、従業員に対する屈辱的態度は許されません。

管理

工場は、認定された第三者によって常に監査されます。規則から逸脱していることが工場視察の際に明らかになった場合は、規則を正し、再視察の際にフォローアップを行います。目的は、労働条件改善を継続的に行うことです。

教育とフォローアップ

カーペット・ヴィスタ(CarpetVista)はサプライヤーを定期的訪問することで、サプライヤーのフォローアップ活動を恒常的に行っています。当社は継続的な対話、教育、コーチングを通して、サプライヤーの労働条件・労働環境が自主的に、また組織的に改善されるよう活動しています。

当社の社会責任活動に関する質問については、以下のCSRマネージャーであるパトリシア・ワイドグレン(Patricia Widgren)にご連絡ください。patricia.widgren@carpetvista.se

BSCIについてのより詳しい情報は以下のウェブサイトをご参照ください。 https://www.amfori.org/content/amfori-bsci

BSCIコード・オブ・コンタクトについてのより詳しい情報については以下のウェブサイトをご参照ください。 https://www.amfori.org/sites/default/files/amfori BSCI COC UK.pdf