自分のスタイルを見つける

デザイナーに会おう!カイサ•ウェスベリー

当社の年間デザインコンテストは、優秀なデザイナーを探し出し、彼らを支援するための手段としてスタートされました。デザインコンテスト開催中の今、こちらのブログでは多彩溢れたデザイナーさんのご紹介をいたします。

2015年度デザインコンテスト:カイサ•ウェスベリー。

カイサは、今年の大会の参加者の一人で、ちょうどストックホルムのデザインスクールを卒業したところです。卒業後、彼女は更にデザイナーとしてのアイデンティティを確信し、今後デザインの世界に没頭できることを楽しみにしています。彼女のプロジェクトの一つとして、カーペットビスタとコラボレーションを行いました。そんな彼女に独占インタビューを行う機会を得ることができました。

フワフワした人や動物、トーベ·ヤンソンとジョセフ·フランク

カイサは、自分自信のことを思慮深く、創造豊かだと表現します。インテリアデザインに対する関心は、十代の頃に始まり、将来は弁護士かアートの道に進もうと考えていました。

日常生活から受ける彼女のインスピレーションの多くは、丸っこくてふわふわな人や動物、一般的に食品や彼女が出会った全ての風変わりで奇妙なものでした。
最もインスピレーションを得られた人物として、トーベ·ヤンソンとヨーゼフ·フランクを挙げ、彼らの強いラインやイラストを参考にしているとのことです。

環境にやさしいデザインに対する情熱と取り組み

将来的には、インテリアデザイン業界で仕事をしたいというカイサ。
彼女は、できるだけ環境に悪影響を与えないことに重点を置いています。
まもなく、作品を販売するために独自のウェブサイトをオープンする予定の彼女。
彼女の卒業プロ​​ジェクトの一つとして、「牛肉」という企画があり、自然に生きている牛たちから私たちはなぜ毎日肉を食すのか、子供たちに教えるための、保育園に教材として使用されています。自然環境に与える影響によってもたらされる主な脅威を強調するためにおもしろいデザインを使用することが非常に重要であると彼女は考えています。


この度は、「デザイナーに会おう」第一回目の更新としてカイサさんを紹介いたしました。できるだけ多くのインスピレーションをこのブログを通してお伝えできれば大変嬉しく思います。コンテストは2015年9月9日締め切りです。どうぞご参加ください!


パッチワーク 〜全ての断片に込められているストーリー〜

パッチワーク絨毯を製造するために使用される原料は、年齢の少なくとも30年が経過している古いペルシャ絨毯トルコ/アナトリア絨緞から得られています。どの絨毯を使用するか選択した後、 パイル糸は研磨、染料された後、最終的に小さめの断片に切断されます。その後厳選された最良の断片部分は、エキサイティングな新しいデザインを形成するために、熟練したデザイナーによって結合されます。

異なる文化や時代に作られた絨毯の断片は、新たな形となり生まれ変わります。絨毯の表面は、裏地の布に取り付けられ、断片と一緒に縫合されています。その結果、独自の歴史とモダンな色が組み合わせられ、耐久性のに優れた絨毯が完成します。


春の季節に新しいカラフルな絨緞を

高揚感、リフレッシュ感、爽快感! ポジティブな感情が溢れ出す季節となりました。 

長い冬を終え、ようやく春が到来する時、私たちは自然に身体を動かしたりカラフルな色を周りに揃えたくなります。


季節の変わり目になると常に新しいトレンドが私たちの周りで目を覚まします。今シーズンの最も人気な色としては、豊かで濃いイエロー、明るく柔らかいピンク、そしてクリーミーなブルー色が挙げられます。スタイリッシュなお部屋にアレンジするには、所々にトレンド色を用いてみるのも楽しみの一つですが、絨緞を使って一気にお部屋を変えてみるのも一つの方法です。

窓を拭いて太陽の柔らかい日差しがお部屋に入ってくるよう春掃除を終えたあと、春色のインテリアをお部屋に足したくなります。たくさんの色を楽しめるパッチワークやノマディック絨緞のカシュガイロリアフシャル などはお部屋に暖かい雰囲気を造り上げてくれます。モダンでスタイリッシュなインテリアを好む方には、無地のハンドルームモダンカーペット絨緞などが今のシーズンに一番最適です。

画像 1: 絨緞 Mediatarde by Marta Pineda 
画像 2: 絨緞  Play by Sara Larsson 

詳しい情報はカーペットビスタまで


年代物が生み出す新しいトレンド

トレンドは、インテリアデザインの世界に常に存在します。最近では年代物の家具とモダンなデザイン家具を組み合わせて優雅さを造り上げるトレンドが見られます。ロマンチックで和やかな雰囲気を造り上げるアンティーク調の年代物のデザインは、もともと1980年代に流行しました。

白や中立的な色を基調とし、使い古された年期の入ったテーブルや椅子、キラキラ光るシャンデリアや古い家具は、再利用するのにもってこいでした。近くで簡単に手に入る家具を選び、リラックスでき、かつ贅沢な空間を造り上げる事がお決まりのルールでした。渋くシックなお部屋に仕上げるために、こちらではいくつかのポイントをご紹介します。

色褪せた絨緞
お部屋のインテリアを選ぶ際、絨緞は部屋の中でも最も重要な要素の一つと言えます。色褪せたビンテージルックの絨緞は、インテリアに自然に調和し豪華でスタイリッシュな雰囲気を造り上げます。ビンテージルックの絨緞の大部分は色褪せて白味を帯びているので、部屋全体を支配することなく残った僅かの色を楽しくことができます。

家具
大部分の家具は簡単にシックな雰囲気を造り上げることが可能です。木製の家具を、例えば白いペンキで塗り上げた後、ペンキが乾く前に濡れたスポンジや紙やすりでアクセントをつけるとビンテージ感を出す事ができます。

年代物の家具にキャンドルホルダーなどのモダンなアクセサリーを追加して、色褪せたエレガントさを楽しんでみてはいかがでしょうか。

画像:ジーグラー

詳しい情報は、こちらからご覧下さい。


お子様部屋の絨緞

絨緞を部屋に敷くだけで暖かさが増し、また視覚的な変化も楽しむことができます。

目的に合う絨緞を選びましょう

子供部屋用に使用する絨緞は、長期的な使用を目的とするため耐久性に優れたものを選ぶ事が賢明です。小さな子供たちは、一日の多くの時間を床の上で過ごすので、床に敷く絨緞は柔らかく肌触りのよい質を選ぶといいでしょう。毛が長めの絨緞は、おもちゃなどが絨緞の中に埋もれてしまうためあまりお勧めしません。短めの毛の絨緞は、掃除やお手入れで汚れを除去することが簡単なので、比較的に毛の短いものを選びます。

お子様の怪我などを防ぐために、絨緞が動きにくいよう滑り止めを絨緞の下に敷くことをお勧めします。事故を未然に防ぐだけでなく、滑り止めを敷く事で絨緞により厚みを与え、歩き心地をより気持ちのよい効果を与えてくれます。

楽しく、遊び心のある色で

遊びを通して、子供達は自分たちや周りの環境を自然と学んでいきます。明るく楽しい模様の絨緞は、子供達の創造力を伸ばすことを助けてくれるでしょう。

子供達の様々な形や遊び心をくすぐるようなビビッドな色や異なる形を選びましょう。一つだけ心に留めておきたいことは、絨緞が部屋全体を占領しないようなデザインを選びましょう。

子供部屋に適した絨緞を選ぶには

お子様に絨緞を選ばせてみましょう。子供はおもしろいもので、大人が選んだデザインを好まない傾向があり、自分たちで選んだデザインでお子様のスタイルの好みを遠くから見つめることも醍醐味の一つかもしれません。

画像 2. Piedras Handtufted
画像 3. ギャッベ

滑り止めの情報はこちらから

より多いの絨緞は こちらをご覧ください。